京都石綿調査は株式会社スマートテックにお任せください。

石綿調査は株式会社スマートテックにお任せください。
調査及び報告書は経験豊富な、
石綿調査診断士・一般建築物石綿含有調査者 が丁寧に行いますのでご安心下さい!

石綿調査のご案内

2022年4月1日より解体工事、改修工事を請け負うのに石綿の調査結果報告が義務化されました。
※報告義務の規模は解体面積80㎡以上の解体工事、または請負金額100万円以上のリフォーム(改修工事)が対象です。
但し上記規模以下の工事も調査を実施し調査結果記録を3年間保存が義務になります。
事前調査を行う者は特定建築物石綿含有建材調査者・一般建築物石綿含有建材調査者・一戸建て等石綿含有建材調査者に行わせなければなりません。(2023年10月1日施行)

調査の流れ

石綿調査の流れ

まずはお気軽にご相談ください

お電話でお問い合わせ

※なお、お電話での問い合わせは、
現場に出ている事が多いので留守電にお問い合わせ内容を入れてて下さい。
折り返し連絡差し上げます。

調査事例

ケイ酸カルシウム板

検体箇所

検体1

検体2

検体3

検体物

配管材

配管保温検体箇所

検体1

検体2

検体3

検体物

料金

床面積床面積1,000㎡以下

書面調査+目視調査(約4日間)
+書類作成(約1~2日間)

98,000円(税別)

書面調査のみ+書類作成
2006年9月以降竣工建物

55,000円(税別)

※料金は現場ごとに見積もりをさせていただきますのでお問い合わせ下さい

※検体検査は別途

近畿圏内は基本交通費は基本的に含まれますが、京都府北部等一部別途交通費が発生します。
お問い合わせの際にご確認下さい。

会社概要

会社名 株式会社スマートテック
設立 2013年3月4日
代表取締役 川上 英治
所在地 〒615-8191
京都市西京区川島有栖川132-5
TEL/FAX 075-200-6598
お問合せ先 080-6132-5834
メール smatech3000@gmail.com
資本金 5,000,000
主な取引先 国立大学法人京都大学/清水建設株式会社/京都大学医学部附属病院
取引銀行 京都中央信用金庫
保有資格 京都府知事建設業許可 39668
1級建築施工管理技士
宅地建物取引士
特定化学物質等作業主任者
特別管理産業廃棄物管理責任者
文部科学省、京都府競争入札参加資格
事業内容 学校施設、病院での改修工事を主に取り扱っています。
外構工事、耐震、内装工事業種を問わず対応可能です。

まずはお気軽にご相談ください

お電話でお問い合わせ

※なお、お電話での問い合わせは、
現場に出ている事が多いので留守電にお問い合わせ内容を入れてて下さい。
折り返し連絡差し上げます。

よくある質問

Q1アスベスト事前調査は全ての工事・建物で必要になるのですか?

A1 以下条件のいずれかが該当する工事については、石綿事前調査の報告が義務になります。
条件①:対象工事の床面積は80㎡を超える場合
条件②:対象工事の契約金額が100万円を超える場合

また調査報告は不要ですが、上記規模以下の工事に関しても石綿事前調査を実施し調査報告書の保管が3年間とされています。
小さな改修工事でも石綿事前調査は必要になります。

Q2調査を無資格で行っても良いのでしょうか?

A22022年4月時点では『調査報告の義務』までしか定義されておりません。
ただし、事前調査結果を電子報告を行う『gBizID』にて登録する際、以下のいずれかの資格を記入する欄があります。
資格①:石綿調査診断士
資格②:建築物石綿含有建材調査者

また2023年10月から調査を行う際、上記の資格を取得した者でなければ調査を行うことが出来なくなります。

Q3工事期間や費用を圧縮する為に、調査検体を全て『みなし含有』として報告しても良いのでしょうか?

A3安全側を配慮した上で『みなし含有』とすることは可能ですが、環境省は目視調査までを推奨しております。

Q4調査にかかる期間や費用はどのくらいかかりますか?

A4調査対象の建物の規模(大きさ)や、工事の内容(解体工事なのか改修工事なか)で大きく変動致します。
基本価格は料金欄に記載しておりますのでご参考にしてください。

Q52006年9月以降の建物でも調査は必要でしょうか?

A52006年9月以降設置の工事に着手した建物等であることが竣工図面等であることが書面で明らかである場合は書面調査のみでの目視調査は不要です。